ダイビングを楽しんでいます

日本にいるときは、仕事の休日は家で寝ているだけでした。 起きるのはお昼で、ご飯を食べて、また寝るというグータラな生活を送っていました。 ただ、マレーシアで起業してからは仕事の休みの日は、アクティブに過ごすようになりました。 マレーシアはキレイな海が多いです。 特にお勧めなのが、レダン島です。

実は、観光客もあまりいないスポットでもあるので、子供は海で遊び、大人は海岸で読書なんてスタイルで贅沢な時間を堪能できます。 そこで、休日は朝早く起きて、車で1時間程度にあるダイビングができる海に出掛けます。

そこで、ダイビングを楽しみます。 日本でダイビングなんてしたことがなかったのですが、美しい海が見える場所で生活していると、ダイビングがしたくなるのが不思議です。 はじめては、全然波に乗ることができませんでしたが、今では大きな波に乗って楽しんでいます。

ダイビングをするようになってから、仕事と休日のメリハリができて、仕事の効率もよくなりました。 また、ダイビングで知り合った仲間の中には、仕事とパートナーとして一緒に働くようになった人もいます。日本で仕事していたときは、毎日が営業ノルマのことで頭がいっぱいでした。 しかも人間関係のストレスもあったので、憂鬱な毎日を送っていました。

そして、今まで海外なんて行ったことがなかったのに、マレーシアで生活しようと決意しました。 当時、ここで会社を作って起業するなんて思ってもみませんでした。 そんな状態だったのに、自然や周りの仲間に助けられて、今年で起業10年目です。 こちらは、まだまだ発展途中の国なので、日本で仕事に悩んでいるのなら、思いきってマレーシアで起業するのもありだと思っています。

私が起業してから10年の間に、日本からたくさんの人がマレーシアに来て起業しています。 そのほとんどの会社が、好調でどんどん成長しています。 日本を一歩飛び出すと、ビジネスチャンスがそこらじゅうにあることに気づきます。 ただ、日本とは生活スタイルも異なり、異国の地で生活することに不安なことがあることもわかります。 でも、10年暮らして思ったことは、言葉や生活習慣はすぐに慣れます。 まずは、観光目的でいいのでクアラルンプールなどを探索してほしいです。

クアラルンプールでしたら、一番の都会ですので、日本にいるときとほぼ同じ生活を送れます。 私が、初めてマレーシアを訪れてから、急速に町は発展しています。 日本で手に入るものは現地でも手に入りますし、値段もこちらのほうが安いぐらいです。 それからこの地で生活しながら起業できるかを考えてみてください。

ページのトップへ▲